武末 和彦
1988年入社
テナントリーシング 課長

interview

ロから創り上げる醍醐味

テナントリーシングは、店舗にテナントを誘致する仕事です。新店舗ができるときは、どこにどんな店を入れたらいいか、ゾーニングも考えプランを立てて実施していきます。
そのための地域情報は必須で、集客のための条件を検討する大事な要素となります。
流行に関する情報や知識も当然必要で、話題になっているモノ・コトを見逃さず、世の中のトレンドを先読みできる感性も求められる仕事です。

キャリアパス

Current

2015年
4月

テナントリーシング 課長
 

2011年
9月

衣料品 店長

 

2007年
11月

婦人服 課長

 

2001年
2月

婦人服 バイヤー

 

1994年
7月

衣料品 主任

互いの成長、繁栄を目指して

この仕事は、テナントを誘致すれば終わりというわけではありません。ネット販売が伸びてきている今、厳しい状況に置かれているリアル店舗の存在をアピールし、ゆめタウンに入ってよかったと思ってもらえるように、一緒に店舗を作り上げていく感覚です。
定期的に実施される活性化やリニューアルに向けても常に新しい情報をキャッチできるよう努力を怠ることはできません。

までのすべての経験を糧に

これまで、衣料部門の売場やバイヤー、店長を経験してきたことが大きな糧となっています。お客様のニーズ・動向、商品知識、店舗運営、全ての経験を生かせる今の仕事にやりがいを感じています。
トレンド情報収集のために、関東・横浜方面などへ出かけ、いろいろな商業施設やファッションブランドを見て回るのも、ファッション好きな私には趣味と実益を兼ねた仕事とも言えます。